数年だけの成功で終わらせない・・・

「賃貸不況でも勝ち残る投資家とは?」CDセミナー

お陰様で100万アクセス突破!⇒入門素人ゼロからのアパート経営アパート経営者の勉強基地>賃貸不況で勝ち残る


不動産投資をすれば簡単に金持ち父さんになれる・・・はず

世間では不動産投資で成功した大家さんが多数輩出され、
日本版金持ち父さん・母さんと呼べる人達が生まれています。


そしてアパート経営という言葉は日常的にも認知されてきました。


まさに不動産投資をしないことはもったいないを通り越して罪のように
感じる今日この頃です。




一方で「ゼロ金利解除」や「5年連続賃貸住宅の建設着工数が増加
といったニュースを聞いたりすると・・・



誰もが心の片隅でこうも思っていないでしょうか?

「今、不動産投資はバラ色だけど、10年先も全員が金持ち父さんなんだろうか?」・・
「バブルが弾けた時のようなことは起こらないのだろうか?」・・
「人口減少による賃貸不況が来たとき、自分は大丈夫だろうか?」・・




人間には防衛本能があるため、前向きな心のすぐ脇でこういった不安が
あるのが自然だと言われています。




・大丈夫、いざとなったら売り逃げればいいから!

・大家力があれば自分は乗り切れる!

・自分はそうやって乗り切るから関係ない!


    


それもひとつも考え方です。

ただ、「売り逃げしようと考えている人」も「既に大家力がある人」も
「優秀な投資家として視点」があれば不動産経営が更に安泰になるはずです!


ですから、不動産だけを極めたいという人にとっても、投資家が市場を
どう見て、どう行動するかが分かれば


大家力+投資力=

       「強力な競争力」


ということになります。




我々の共通の願いは、経済、ひいては日本がどういう状態になっても
破綻せず、家族を守れる幸せな投資家でありたいことではないでしょうか。


そんな破綻をしない為には、経済が悪かった時も含めて「良い投資行動」と
悪い投資行動」、両方の実体験を先駆者から知る必要があると考えています。



・90年バブルやITバブルを乗り越えて成功している投資家は
 その時にどう考えどんな行動をしていたのか?

・バブルを乗り越えた秘訣は何なのか?

・バブル時代に破綻した投資家(大家)はどう行動をしていたのか?



そして、その経験を元に・・・


・都心に投資するメリットとデメリットは?

・マーケットタイミングをどのように考えればいいのか?

・マーケット(市場)が良いときにはどんな点に注意すればいいのか?

・資産ポートフォリオの観点から不動産投資をどう捉えるか?

・不動産以外の資産をどう捉えるか?





上記疑問に対して答えてくれるのが今回の2人の講師です。


カーツ今岡氏は不動産・株式・為替を中心とした投資家で、90年のバブル時代は株式・
不動産両方で被害を最小限に留め、またITバブルの時も株式投資で被害を最小限に
留めた凄腕の投資家で、不動産・株式・為替それぞれで「億」という数字を扱っています。


バブル崩壊後、不動産投資は2000年から再開し、
ワンルームマンション投資から
はじまり、中古アパート投資土地から仕入れてマンション新築(世田谷区で土地
から仕入れ利回り10%!)、商業系テナント投資、と様々な投資を世田谷を中心に
それも高利回りで運用されています。


カーツ今岡氏の話は、細かいテクニック論を望む人には向いておらず、
大局的な投資家の視点を学びたい人に最適な内容
となっています。
(注:カーツは外人ではなく、「勝つ」というゲンを担いでつけていらっしゃいます)



一方の森岡講師は、不動産のプロとして20年以上も賃貸の激戦地区で時代に翻弄
された大家さんを多数見てきました。

今回は、「不動産のプロの立場」と「自身も大家さんの立場」の両方から不動産投資に
ついて、現場からの数字と事例を交えた話となっています。





 講師紹介 カーツ今岡氏



講師紹介
不動産は都内世田谷区を中心に投資。ワンルーム、中古アパート、土地から仕入れ新築を企画(世田谷区三宿で利回り10%以上)、店舗物件にも精通。
大家という立場より投資家として視点から数年先を見据えた投資をおこなっている。

株式投資ではペンギンのハンドルネームで有名。オニールの成長株投資を10年以上に渡って行い、驚異的なパフォーマンスを達成。モットーは「
シンプルで簡単に勝つ


プロフィール

1960年代生まれ、大学卒業後、大手リース企業に就職。その後外資系証券会社勤務の傍ら株式・不動産投資を行う。

2004年に退職し、自由な生き方「フリーパパ」の理念を追いかける。現在投資家として不動産、内外株式投資、為替証拠金取引を行いながら、事業家としても数社の経営を行う。またコンサルタントとしても数社の顧問に就任しており、どの会社も前年に対して大きく業績を伸ばしている。



運営ブログ

フリーパパの株とゴルフを楽しむブログ(http://www.freepapa.net/)



所有物件

@世田谷区三宿、1R×12、新築(土地から仕入)、利回り10%
A目黒区、貸し店舗、1994年築、利回り14%
B川崎市(二子玉川駅5分)、貸し店舗、1994年築、利回り15%
C川崎市(二子玉川駅5分)、貸し店舗、1994年築、利回り12%
D世田谷区三軒茶屋、貸し店舗、1979年築、利回り10%
E世田谷区三軒茶屋、2K、1979年築、利回り10%
F世田谷区三軒茶屋、戸建、1971年築、利回り15%
G世田谷区三軒茶屋、貸し店舗、1984年築、利回り10%



売却済み物件

ワンルーム6戸、アパート1棟(1R×6)、マンション1棟(1R×22)



今後の予定

・オーストラリアに移住して日本との2重生活を家族・愛犬と満喫する
・社会を良くする貢献をする
・所有不動産の入替え





 講師紹介 森岡節雄(株)太子堂不動産代表取締役)



講師紹介

賃貸不動産の最激戦地区・三軒茶屋で20年以上不動産業に関わる。その間に時代に翻弄された大家さんの成長や衰退を多数見る。

現在、株式会社太子堂不動産代表取締役としてオーナーをはじめ、お客様から「不動産屋っぽくない」と圧倒的な信頼を得て、業績も絶好調。自身も知人の投資家から羨ましがられる立地にアパートを所有し、将来はマンションに建てかえを計画中。




プロフィール

昭和36年3月生まれ。大阪府出身。昭和58年に千代田区番町の賃貸不動産業に従就し、不動産買取業に転職した後、大手仲介会社に所属、三軒茶屋の支店で13年勤務し、同、三軒茶屋にて独立。今年8年目を迎える。

コンサルを重視した販売姿勢をとる不動産会社として地域及び投資家を含む大家から厚い信頼を得て、大きく業績を伸ばしている。また、交友関係の広さから、REITをはじめ不動産業界の最新事情から裏事情までに精通し、気軽に相談ができる社長と親しまれている。



運営ホームページ

有限会社太子堂不動産(http://www.taishido.net/)



所有物件

@ 世田谷区若林、1D×7+3DK、昭和62年築、利回り8%
   東南角地、北側遊歩道の3方角地。第1種中高層住居(60/200)
A 世田谷区太子堂、1LDK(3LDKからリフォーム)、昭和46年築、利回り6.8%



今後の目標

お客様と社員、そして自分自身が笑いの絶えない会社を創り上げていくこと






大切な注意点です
今回のCD教材は以下の点に違和感のない人のみお申込ください

・不動産を人生の目的の手段として冷静に考えられる人
・投資のメリットとデメリットを冷静に聞ける人
・長期的な成功の持続を求めている人
・大局的な視点でマーケットや投資を考えたい人
・現在、又は将来に「億」という金額を扱うことに抵抗がない人





 CD教材内容



○第1部 
 講師 森岡節雄 

  ・バブル期と現在の相違
  ・バブル期の実態
  ・バブル期に失敗した大家さんの実例
  ・現在はバブル景気か?
  ・今後3年後の不動産価格
  ・今後の賃料価格
  ・事例でみる・・・土地の昨年&今年の成約価格と売出価格
  ・化ける不動産
  ・賃貸収益シュミレーションの考え方
  ・店舗物件の攻略方法
  ・質疑応答




○第2部  講師 カーツ今岡 

  ・過去のバブルを知る
  ・20年間の投資から学んだもの
  ・市場VS個人の勝敗の行方
  ・投資家が考える不動産投資のコツ
  ・バブル後の不動産投資
  ・不動産投資とそれ以外の投資をミックスさせる有効性
  ・実践編・・・バブル時代の私の投資戦略
  ・実践編・・・バブル時代後の私の投資戦略
  ・実践編・・・今後の私の投資戦略
  ・質疑応答




 CD教材お申込
○ CD教材名 数年だけの成功で終わらせない!
賃貸不況でも勝ち残る投資家とは?
○ CD価格 ¥21,000円(税込み)
○申込み ご注文こちらから
○決済方法
クレジットカード
代金引換(手数料無料

特定商取引法の表示



 TOP >>
HOMEアパート経営の仕組み物件探索アパートローン情報売り物件情報
セミナー情報アパート経営者の独り言大家の自己紹介広告・取材
入門「素人ゼロからのアパート経営」
http://www.nyu-mon.net/
メールはいつも1通づつありがたく読ませて頂いております。
返信が遅くなる場合もあることをどうかお許し下さい
メール
【免責】当サイトの利用にあたり、万一不利益・損害が発生した場合も一切その責任を負いません
Since 2003/7/11  Copyright(C) KOTETU  All Rights Reserved